関内フードMAP 関内を食べつくし!!

おいしい!関内グルメ5選「和食編」

2021-03-02 11:15:36

開港の地である横浜は、明治以降、異国の文化をたくさん取り入れて、街が作られてきました。そして、観光地でもある関内では和洋折衷、様々な料理を楽しむことができます。関内は市場が近いこともありますが築地や豊洲市場まで仕入れに向かうお店もいらっしゃるほど、和食に欠かせない新鮮な魚介類や厳選された野菜を取り扱っているお店も多いのが特徴です。

 

横浜の中で、個性豊かなお店が勢揃いの関内。今回は関内フードマップにも掲載している関内の洋食の和店をご紹介いたします!

 

食材にこだわりがある寿司屋「馬車道 鮨 恵しん」。各地の優れた食材が集まる豊洲市場にて老舗仲卸業者から旬で上質な食材を仕入れ、旬のネタごとに異なる仕込みを丹念に施す絶品のお鮨が味わえます。瀬戸内や淡路島から産地直送にて仕入れた足赤エビや幻といわれる由良産の赤ウニなど流通量の少ないめずらしいものなど豊富なネタを取り揃えています。名店出身の職人が手がけるお料理は日本料理の名店さながらに絶品です。

 

「本物のお寿司を食べたい!」「大切な方をおもてなししたい!」という方は是非「馬車道 鮨 恵しん」へ 訪れてみてください!

 

▼お店情報

・「関内フードマップ」https://takeout-delivery.kannai.or.jp/102keishin/
・「馬車道 鮨 恵しん」https://sushi-keishin.jp/
・「食べログ」https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14074181/

 

関内駅徒歩6分、お肉使った和食料理店「十和田八戸丸」。お店は2019年8月にオープンしたばかりの比較的新しいお店です!三沢市が発祥と言われる十和田産牛バラ焼き、アップルポークを使用した十和田産豚バラ焼きなど、バラ肉焼きがメインのお店!

 

リンゴを贅沢に使用した味付けに蜂蜜を配合したたれに付け込んだ本場のバラ焼きはお肉好きにはたまりません!他にも当日水揚げされた新鮮なお刺身や八戸直送の焼き魚も絶品です!また、十和田八戸丸さんは積極的にSNSを活用し情報発信をしています。特にインスタグラムではサービスランチを写真付きて投稿されており、お店に行く前にチェックすることができます!ぜひ下記のリンクから写真もチェックしてみてください!

 

「Twitter」https://twitter.com/j5KoeUhCJUwxRkt
「Instagram」https://www.instagram.com/towada_hachinohemaru/

 

▼お店情報

・「関内フードマップ」https://takeout-delivery.kannai.or.jp/89towadahatinohemaru/
・「お食事処 十和田八戸丸」https://localplace.jp/sp/t200465150/
・「食べログ」https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14076342/

 

空海画像

落ち着いた雰囲気の和の空間でゆったりと食事を楽しめる「日本料理 空海 本店」。日本料理研究会の師範・佐藤知良氏が大将を務める日本料理店です。巧みな包丁技で季節の花を象った『菊花蕪 旬の焚合せ』や、旬の食材をふんだんに取り入れた『季節の吹寄せ』など、四季を感じられる日本料理は味だけでなく、見た目でも楽しませてくれます。

 

全国の地酒がたくさん置かれているのもうれしいところ。カウンター席のほか、個室も完備されているので接待や顔合わせの会食、記念日のデートなど特別な日の会食から、普段使いまで、幅広いシーンで利用できます。個室は仕切りを動かせば、最大36名まで対応可能な広い部屋になり、同窓会や打ち上げなどにもオススメです。

 

▼お店情報

・「関内フードマップ」https://takeout-delivery.kannai.or.jp/76kuukaihonten/
・「日本料理 空海 本店」https://www.yokohama-kuukai.com/
・「食べログ」https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14009089/

 

関内駅から徒歩5分の海鮮ひつまぶし専門店「魚バルまぶしや」。ディナーは様々な調理法で提供される魚料理は、日本酒をはじめとする色々なお酒とともに味わえます。豊洲市場から仕入れる魚をメインに、沼津港から直送される珍しい魚も用意されており、 特に「生本マグロ」は絶品。お刺身や季節の鮮魚を十分堪能することができます。

 

日本酒は、季節ごとに入れ替えをするなど、随所にこだわりがうかがえます。店内にはモニターが設置され、野球などスポーツ観戦が可能となっています。仕事帰りや友人同士で気軽に利用できる、居心地の良いお店へ是非足を運んでみてください。

 

▼お店情報

・「関内フードマップ」https://takeout-delivery.kannai.or.jp/26sakanabalmabushiyakannai/
・「魚バル まぶしや 関内」https://sakana-bal-mabushiya-kannai.gorp.jp/
・「食べログ」https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14075968/

 

1987年、江戸前みなと寿司としてはじまった「みなと寿司 関内店」。横浜港の「みなと」から店名をとり、横浜中央卸売市場をメインに新鮮な魚介を揃える他、三浦や全国各地からも仕入れます。直送の活魚屋などの協力で、新鮮な魚を適正な価格で提供しています。

 

寿司は、米の選定からこだわり、シャリとネタが絶妙なバランスです。気さくで人間味のある、熟練の板前たちが、様々な要望にも臨機応変に対応してくれ、店内の雰囲気も良いです。接待から家族連れまで幅広く利用しやすいお店です。寿司を食べたいと思ったらぜひ足を運んでみてください。

 

▼お店情報

・「関内フードマップ」https://takeout-delivery.kannai.or.jp/5minatosushikannaiten/
・「みなと寿司 関内店」http://oriental-bussan.com/sushi/
・「食べログ」https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14004990/

 

まとめ

今回は、関内界隈の和食の中でも、特にお寿司や海鮮を中心にご紹介いたしました。横浜は新鮮な魚が多く集まる街なので、和食料理のクオリティが非常に高いです。そして、関内から豊洲市場まで仕入れに行くというお店も多く、料理へのこだわりを感じることができます。絶品揃いのお店ばかりなので、是非ご家族や大切な人と行ってみてはいかがでしょうか?